カートの中身を見る

カートの中に商品はありません

店長コーナー

峰岡良治

極度の音フェチで、既存製品に満足いかなくなり、気付いたら自作オーディオ機器にはまっていた。何時の頃からか良い音を探求する日々を送るように……。収集癖があるため、手元にはレアパーツの山が。自分一人では使い切れないので、一部を放出する事にしました。

店長日記はこちら

モバイル

Feed

音の痩せない家庭用AC電源ノイズフィルター製作法

家庭用AC電源ノイズフィルターの製作法の実態配線写真を準備したので参照して欲しい。
一番簡単なものは、100円均一ショップで延長ケーブルを買ってきて、差込口だけを利用する。

クワイエットラインもどき


当然であるが、スリーブで圧着するか半田で溶着した後に、熱収縮チューブか絶縁テープで接続部分を絶縁する事。何しろ相手はAC100Vである。コンセントにさす場所で音が変わるので、色々と試してみてもらいたい。1部屋に5個位が丁度良い。特性的には、個数を増やすとカットオフ周波数が下がっていくだけで、-12dBとかにはならない。海外ではクワイエットラインという名前の商品があり、これはそれと同じ理屈のモノである。

もう1ランク上がると、特性がいきなり素晴らしくなる。

LCフィルタ・ノイズ隔離回路


これもしっかりと絶縁する事と、絶縁性があり難燃性のケースに入れる事を推奨する。耐熱性のプラスチックケースでいい。コイルは発熱するので耐電流を必ず厳守する事。火事になる。また、コンセントの口同士を短絡させてはならない。盛大な火花が発生し下手すると火傷する。コンデンサは蓄電部品である。それが一気に解放される事となるのだ。

効果は素晴らしいの一言に尽きる。音から雑味が消えて、静寂から輪郭のくっきりした音が現れるようになる。オーディオ機器だけでなく、パソコン・エアコン等大電流を使用するモノにも使用すると、家庭内の電源全体のノイズレベルが下がり、これも音に良い結果をもたらす。

電源ケーブルの銘柄に拘っている人は、いい意味でショックを受けるだろう。

かくいう私も初めて作成した時は、あまりの衝撃に知人のエンジニア等へ夜中にも拘らず電話を掛けまくった。翌日は音屋が集まり視聴会が催されこの動揺は伝播する事となる。『なんでこんな効果のあるものが製品化されていないのだ?』とか『我々はデジタルに弄ばれているのだよ』などという会話がなされた。

ノイズフィルタが音を細くするなんて言うのは『迷信』だ。何故細くするという迷信が定着してしまったのかは、人間…特に日本人がカタログスペックをとても重要視するという事に由来する。同じコストでカタログの特性を良くしようと思ったら、ノイズフィルタに使うコイルを細くして巻き数を増やせばいいのだ。これを有難がる人達がいるからメーカーは音が痩せる事を知りつつ、巻き数ばかり増やすのだ。コンデンサの容量を上げるには、リスクもコストも掛かるから1流メーカーほどやらない。

しかし、ここを読む人達だけには知っていてもらいたい。コイルは耐電流を2倍以上確保すると音痩せはなくなる。運用の限界は7割までだ。コンデンサも正しく扱えば怖くない。といっても一応4.7uFまでを推奨しておくが。

峰電ではコモンモードチョークコイルとコンデンサのセットを用意したので、興味のある方は利用して欲しい。会員登録とログインして頂くと大幅に割引が可能である。
自作ノイズフィルターパーツセット
なお、コンセントの電源をいじるには電気工事士の資格が必要である。

峰電では制作が難しいという声を受け、完成品も制作したのでチェックして欲しい。